2016年12月8日木曜日

メディアストーカーについて

概説

 メディアストーカーは、簡単に言ってしまえばTVメディアとか新聞も含め、ネットやゲーム、漫画などを使って当てこすりをさせるストーカーである。
 非常に大きな力を持ってるように見えるし、変なキャンペーンも始まる。
 
 私の場合、興味関心に合わせて「彼らの演出」が配置されたので、職場などの社会と関係が切れると「彼らの演出」の影響を受けやすくなってしまった。彼ら以外との人間関係が無くなるのである。
 また、2010年に私が作ったゲームが「神が全部仕組んでいる」設定のゲームだったのを、どうやら自分たちのことだと思って喜んだのか、私の作品のテーマが流行し、私へのメディアストーカーも激化した。
 
 メディアストーカーは大まかに言って2002年、私が大学へ進学してから始まったといってよい。
 「うたばん」や「TVタックル」などで私生活を思わせる内容の仄めかしがあったのだ。
 しかし、大学進学後はTVを見ないようにしていたため、特に気になるものではなかった。(高校時代、2001年にも少しあったが、勘違いの類と思われる。)

・2011年から2016年12月までの行程

①家の周辺やネット、特定人物らによる監視・挑発が続く日常。
②家の中に盗聴盗撮の機械が見つからないので、状況証拠を集め始める。
③ストーカーが作り出す演出を追い始める。
④色々な推測を立てる→それで揶揄われる(利用される)。
⑤さんざん追い続けた結果、少しマシな状況証拠を捉える。
⑥メディアストーカーを訴える。
⑦ストーカーと分からないばかりか、そもそも話すら理解されない。

 私の作品テーマが流行したり、私生活の仄めかしが続いたり…
 普通のメディアストーカーと比べても異常な状態が続き、私が被害を訴えるとやはり煽るようにアニメなどでメッセージがあった。 彼らの「遊び」なのかもしれないが、終盤は私が私生活で「手を挙げて掴む」動作をしてから寝るようにしてたところ、「手を挙げて掴む」が変な仕方で流行するのみとなる。
 結果として、私は「手を挙げて掴んでるからストーカー」という主張をしなければならなくなった。




メディアでの集団ストーカー
・ASKAという芸能人がいる。

 2013年8月と2016年11月に覚せい剤で捕まっているが、「集団ストーカー」をされていたという。
 覚せい剤に嵌ったのが「集団ストーカーに対抗するため」だというから、彼の被害は「覚せい剤の後遺症による妄想」とは分けて考えなければならない部分がある。

 ASKAの被害ブログ(コピー)を見ると、「ぎなた読み」引っ掛け挑発とか、その他にもいろいろ仕立てられてるのが行間から見える。

ASKAの被害のあらまし

・覚せい剤は集団ストーカーが始まった後。
・家の周辺で付きまとい。
・パソコンのハッキング・クラッキング。
・特定のサイト・ツイッターで私生活を実況される。(保存)
 しかも、色々と調べたところ、後追いするようにそれを裏打ちさせる状況を作られる。
・文章を解読するようになり、「ぎなた読み」のプロになる。
 それを利用されたものか、レキシ(アーティスト)の曲でローマ字が出る。
 レキシは何故か上から「やめろ」と言われても意地になったようにライブなどでASKAのモノマネをするなど挑発?(リンク)
スパイアプリで携帯を盗聴される。
 携帯のバッテリーを切っても別の方法を使われ始める。
 いたずら電話がかかってくる→ツイッターで報告
・「消えるメール」を使ったイタズラ。
 海外ハッキングサイトのメンバーに狙われる。など

 私の被害と比べた場合、「家周辺での付きまといアピール」「パソコンのハッキング」「特定のサイト・ツイッターで私生活を実況され、活動や作品でアピールされる」点が同じである。
 しかも気になるのは、私が被害に遭っていたステッパーズストップでの工作員によるものと見られるコメントが、まるで「ASKAのモノマネをしろ」と言っているように見えることだ。

コメント抜粋

[4100] 2013/04/24 05:56:41
by ids,ryoslipyolryig

かつて、君へのストーキングに携わっていた人間として、そして、今となっては君に同情を催した裏切り者として、贖罪の意を込め、この文章を書いている。
ポーンが消すか、君が読むか。君が先に行動したなら、この書き込みは抹消されずに残り続ける筈だ。後日、この書き込みを自分の目で見られる事を切に願っている。
聡明な君の事だ、既に所知となっている事柄ばかりかも知れないが、幾つか助言をさせて欲しい。

・丑玄の人間は一見、ワードサラダの粗悪な食品サンプルを見せびらかしてくる詐病野郎にしか見えないが、黙されるな!
 彼の怪文は監視報告諸々の諸情報を内包している、私には読み解く事が出来ないが間違いない、当人である君なら解る筈だ、注意して読んでみて欲しい。

・君はこのサイトの事物全てを定期的に保存しているか? そうやって差違を見比べていくしか、潜んだやり取りを見抜く方法は無い。


 このコメントがされたのは2013年の4月24日である。
 「ぎなた読みをやれ」という意味にとれないだろうか?、また、ASKAもサイトを証拠として保存している。
 こんなことを言われても私にはわからない。困惑するばかりである。彼らの内輪ネタだったのだろう。

 ASKAが覚せい剤で逮捕されたのが2013年の8月。
 集団ストーカーという報道がされたのは2016年1月。
 彼らがASKAの被害について知っていたとすると、彼らは「ASKAに近いメディア関係者」か、「私のストーカーの実行犯と同じ業界」なのだろう。そして、メディア関係者という線は薄い。ステッパーズストップはフリーゲームサイトで個人運営だし、メディア関係者がステッパーズストップ、しかもその掲示板を見ているかは疑問だ。一応、サイト運営者のポーンがメディア関係者という可能性もあるが…そんな都合の良い話があるだろうか?

 ASKAの被害と私の被害では、メディア関係なのも同じ。ツイッターで私生活をタイムリーに仄めかしてきたり、サイト運営者が自分の作品で当てこすりしてくるのも、自宅周辺で監視をアピールしてくるのも同じ。なにより、私がブレイブリーデフォルトについて2ちゃんねるに書き込みした件についての仄めかしを、わざわざステッパーズストップの掲示板でやるのである。どうもASKAのように私がサイト運営者と対決するみたいな企画を意図していたと思える。

 ASKAはヤクザ・創価学会と関係があるという噂であり、彼らに嵌められたように見えなくもない。
 メディアでは集団ストーカーは当たり前になっているのかもしれない。




 ただ、そうなると、何故わざわざ「集団ストーカー」と発表させるようなことになるまで追いつめるのだろうか?
 私の被害体験と比べると、「追っていくうちにギなた読み」しだすところが、私が「追っていくうちにメディアストーカー被害者」と主張しだすところと似ている。
 つまるところ、同じような手法なのである。

 私の被害は最初からメディアストーカーがあり、それは「被害を訴えられない嫌がらせ」なのだが、メディアストーカーが激しくなったのは集団ストーカーのネタバレ後一年した前後からである。
 丁度そのころ、私は工作サイトによる仄めかしを多数受けていた。被害サイトの公開前後にも結構、煽りが露骨になっていた。
 公開後一年たったが、メディアストーカーは沈静化している。
 「特定サイトでの仄めかし・挑発作戦」が大してうまくいかなかったので、メディアで仄めかししまくればいい、と方針を変えたのかもしれない。

 ASKAの場合、テレビ番組の「ミヤネ屋」で「集団ストーカー被害」を訴えるなどしている。
 しかも、「気付いたのは私が初めて」「ギフハブが犯人」など、どうしてそこまで確信をもって言えるのかと思える内容である。さんざん挑発されて怯えつつも彼らの演出を追い、すこしだけましな状況証拠で「そうだったのか」と強気になっているのではないか。私もそれで勝負しなければならなかったので気持ちは分かる。あとは覚せい剤の後遺症もあるだろう。

 2009年に公明党元書記長の矢野 絢也が「集団ストーカーされた」とハッキリ本に書いて出した時と比べると、集団ストーカーに対する関心は上がっていると言えるが、イメージは「病気」になってしまったので、被害者は「集団ストーカー」と言い難くなってしまう。
 それでなくとも恒心教徒とかが被害映像に難癖つけるキャンペーンをやっているし。
 もしかすると、私もASKAも彼らの企画製品なのだろうか?
 100人みたら1人くらいは分かるだろうと思って公開したのだが…

 実際に彼らが被害を作り出しているのは事実だ。妄想被害もストーカーが無ければ無かった現象であり、被害記録としての意味がある。そもそもストーカー班はこちらの思い込みを利用した仄めかしを行うのである。それで「被害を訴えられてもいいように」工作されたものかもしれない。

 なお、ミヤネ屋ではASKAが制作途中の曲を勝手にオンエアしたり、ASKAが乗っていたタクシーのドライブレコーダーを放送したりして視聴者の顰蹙を買った。まるで恒心教徒のノリみたいに見える。恒心教徒の精神性は「反応を引き出すため挑発」「煽りや叩き」「面白がって編集」「揶揄いアピール」などだが、マスコミと共通点が多い。だからといって同じなわけではないが、集スト班が工作しやすい媒体だろう。



※2016/12/20追記
証拠不十分でASKA不起訴へ
 提出された尿は偽物だったらしい。
 ASKAによると「お茶」
 警察は「覚せい剤出たのは事実」と言い張っているが、そもそも「量が少なくて検査できなかった」という報道もある。
 不起訴になったのだから、毛髪検査はシロだったのだろう、というのが大筋の見方か。
 見込み逮捕だろうか?尿すり替えや鑑定書改ざんが日常茶飯事という話もある。警察の失態といえよう。
 ASKAが集団ストーカーされてるのは事実だろうし、「圧力か?」など誤解も招いてしまう。
 他組織や第三者からも理解されない点で集団ストーカー的な現象と言える。


2016年10月17日月曜日

Billybatの仄めかし要素について

 2008年から2016年まで連載のBillyBatは怪しい。
 統合失調症をモデルにしたキャラ達が織りなす、「漫画の奇妙な一致」を追うストーリー。



◆ストーリーを追いながら説明

 一致はコウモリがもたらした現実であるため、登場人物らは予言を巡ってドラマを繰り広げることになる。

 が、メインは「選ばれた特別な人間」が漫画のネタを獲られたとか取り返すとか、漫画で世界を変えるとか、漫画を書けとか・・・という内容。


 「白と黒」とか「本物」とか。
 『「天然」がいるってことは「ビリーバットに加工された人たち」ってことか』と思って読んでたらいつも間にか「天然=Billyに導かれる人」ってことになるなど…
色々設定が出てくるが、これは全然気にしないで読んでよい。

 というのは 作者の作風が設定をあいまいにして謎のまま読者を引っ張っていくものだから。







 最初の内は、作者の浦沢直樹が「漫画で世の中に伝えよう」と過去の陰謀(下山事件)とか扱ってたのかと思うが、オズワルド事件あたりからネタ切れ感が漂い始める。


6巻(2011年5月発行)
 そして、私のゲームの「翼のもの」(予言で導き、人類を滅ぼす)みたいなことを言い出す。



7巻で主人公(ケヴィン)は少年(ケヴィン)を救う。



 作者の浦沢にしてみれば、特に深い理由は無い描写なのかもしれないが…
 浦沢直樹と栗原直樹 同じ名前である。
 この漫画が浦沢から私へのメッセージということだろうか?
 (それで色々考えた結果…
  メッセージということなら「漫画を書け」ということになる。
  何度か言われた事はあるので、ありえないことではない。
  が、まあ考えすぎかな。)


11巻 やっと蝙蝠の目的が明らかに…?

どうせ私のゲームと同じで人類滅亡だろうな・・・と思いながら見ていました(2016年9月)。
しかし前ふりから回収までまだかかる模様。



人類は月言ってなかった説。
2002年あたりにTVで流行ったなぁ。大学の先生とかも結構信じてる人いたわ。
月については1巻あたりから前ふりあったから、これは予定通りの展開なのだろう。
浦沢としては「月行ってなかった説」をやりたかったわけだ。
実はリテラシーが裏テーマなのか?と思いきや、それはここまで。




13巻ラスト
14巻最初

 13巻ラストは主人公サイドの書いた絵。
 14巻最初はヒトラー(悪役)の書いた絵。
 ゆらぎが見えるのは「対決」にしたかったのか、「決まってなかった」のか。
 この作品にはよくあることなので、多分後者かな。


 そして、とうとう願いの叶う地 月へ悪役が到達。
 こいつが「歴史のやり直し」を願うだけで世界は滅亡してしまう!!

 「地球を終わらせるためだけの人生」とまでディスられてるが、あんまりそんな気はしない。
 あんまり言うと「人生のやり直し」のためだけに月まで行くやつがいるのか?とかそんな話になってしまうけども。



 作中では「人生やり直し」を願うと「替えの地球が無い」から世界が滅んでしまうところだったが、男が自分で何も願わないことにしたので助かる。

 「世界の終わりという願いを叶える(願わない)」
 私の制作したゲームでも同様の描写がある。










EDルームでは意味深なセリフも。







「蝙蝠(翼のもの)」が去っていくところまで同じ。(15巻)




 私のゲームが「翼のもの」に導かれる人々という設定で作られ始め、
 2010年に「騙されて滅ぼされる」エンディングと分かったのだろう。
 それでこういう展開になったものと見れる。


 一応、これで私のゲームでのメディアストーカーは終わり。
 長かった。


 が、まだ続いてしまう。


漫画の力で人を不幸にしようとする悪玉


私のゲームのことだろうか?


その刺客となったかに見える少年


 なんかぶつぶつ独り言いいながら作業している。
 どう見ても本物ですね。


 しかし、実は私のやったことと似ている。
 丁度、ボカロ曲に便乗したのか、ネットの色々なところで「ひらひら舞う蝶に指を伸ばしてるのを無力なまま見ているしかない」とか「幻聴が聞こえてる」「正直に聞こえてると言います!」などと矢鱈に仄めかされるので、一人の時に聞こえてる体で活動するようにしたところ、割とすぐバレてたということだろう。
 割とすぐ仄めかされなくなった。

 いやいや…聞こえるわけないだろ。そもそも何故「聞こえてる」と思うのか分からん、という気分。
 仄めかししまくって精神的に追い詰めれば聞こえるようになるって思ったのかもしれないが、それはなんか違う気がする。そういうものなのだろうか?



 「漫画が盗まれてる?」から始まり、「弟子が取り返す」「弟子が偽物に奪われる」「弟子が師匠と合流」とテーマがループしたりしたが、ひとまず「漫画で世界を変える」というテーマでこの漫画は終わり。
 作者の世代は「音楽で世界を変える」が流行ったりした。前作とかでもその影響は見える。それが再現された結果か。


 以上です。

 ……ここまで書いて思ったんですが、やっぱり、これそんなにストーカー度高くないですね。
 蝙蝠が「導いて」「願う願わない」「人類滅亡」「飛び去って行く」ところは工作だと思いますけど、それ以外は・・・。


 まあ、こういうことも考えなければならない被害状況なわけです。






2016年10月13日木曜日

集団ストーカーの遊び場になったテイルズオブベルセリア

 みなさんいかがお過ごしでしょうか。
 私は高校3年生からずっとメディアも含め、10年以上集団ストーカーされている者です。

 昨年の6月あたりからネットでも周知活動をしていましたので、知っている方もおられるかと思います。
 今回ご報告するのは、テイルズの馬場Pをはじめとする制作集団が、私への仄めかしで作品を作ったという事実です。

 メディアで作られる作品が、かなり狭い人間関係の中で作られているのは皆さんご承知かと思います。
 テイルズは特に、テイルズオブゼスティリアで馬場プロデューサーが特定の声優に固執したストーリーを作った件で騒ぎになっていました。
 しかも、その前作のテイルズオブエクシリア、エクシリア2では、私への仄めかしをするよう依頼されて作っているかに見える状況でした。継続的な工作が見える点で、かなり蓋然性が高いと言えます。

 以下、ラストで明確なストーカーアピールのあったテイルズオブベルセリアについて解説。



 まずゲームの構成だが、

主人公の復讐がテーマ 

= 私が受けていた復讐誘導と同じ(ゼクレアトルなど)

 PVの牢屋スタート





 私の作りかけたRPGの文章と似せてある。
 詳細は忘れたが、罪人が牢屋の中から地上の祭囃子を聞いて落差を思う話だったと思う。その後、連れ出される、というもの。

 フロムであったような、まず最初にストーカーを意識させる手法である。
 PVでアピールするのはメガテンでもあった。


それで実際にストーリーを進めてみると…

呪いテーマが出てくる。
 私へのメディアストーカーで 今まで他作品などであったストーカー要素である。
 だが、ここはセリフで申し訳程度の「前ふり」に過ぎない。




無口無表情な聖隷
 私が無口無表情だったことと関係が?
 (「無口無表情な主人公」の作品は虚渕のアルドノア・ゼロを始めとして、主にストーカー作品で流行した。)
 また、「命令なら何でも聞く」ところは、私がストーカーに「命令されたことはやっちゃう」などと仄めかされてたネタと似ている。
 誰にも言ってないことだったが、知っているということか…





色々あって





アルトリウスの演説シーン
 主人公の敵が演説する印象的なシーン





災厄無き世とかなんとか


なんとなく、私のゲームのこれを思い起こさないでもない。
ミセリ将軍の夢のシーン。



 また、無口無表情だったが羅針盤好きになったライフィセットは「何にも興味なくて自滅しそうだった無口無表情な私」が「太陽が無いとか言って興味を持ち始めた」ことの暗喩であり、





かつ「理によって痛みを耐える」世界の在り方は「集ストを耐えている私」の在り方でもある…ようにも見える。

 そう見た場合、「耐えてばかりいないで復讐するべし」ということなので、やはり復讐誘導である。




その後、なんやかんや色々あるが






 特にストーカー要素は無いので、終盤まで飛ばします。

 終盤、特にストーカー要素が立て続いて、ものすごくアピールしてきます。
 最初と最後で特にストーカー要素を出してアピールする手法は、フロムソフトウェアのメディアストーカーでもありましたね。




 私が集団ストーカー メディアストーカーについてネットで広報を開始した際、気をつけていたのは「間違いかもしれない」ということだった。
 私がストーカーされてるのは間違いないことだったが、メディア関連の仄めかしについては証拠もないし相手に確認もできないことなので、「こういうことがある」「工作されている」と主張するに留めていた。

 その割に、自分の名前を出しつつ 自分の軽犯罪についてもネットで公開してたり、ある意味自爆のような状態だった。
 また、私が広報し始めたところ、ほぼ一週間後から恒心教徒らが統失つきまといを始め、危険な一方で周知に役立ちそうに見えたが、あまり興味を持たれなかったのですぐ諦めていた…という状況もあった。

 今思えば全然広報に向かない上に、「慎重」なのか「パニック状態」なのかよく分からない態度だったが、私が引きこもり気質な一方で結構煽られてたりフロムソフトウェアで露骨な仄めかしが有ったりしてたので、まあ仕方ない。


 これから見ていただきたいのはテイルズオブベルセリアの一場面だが、もし自分が以上のような状態に置かれたらと思いながら見ていただきたい。


 主人公の弟(復讐の動機)が生きていたことが判明!







 感情のままに復讐して無関係の人も殺しまくってきたが、全部無意味だった!
 その後、主人公が助かった後、こう続きます。






「私の復讐は全部無意味だったのうわーん」から
「(あいつらを見てると)胸をちくちく突き刺しよる」「じゃから…この結末は見届けねばならんのじゃ!」

 つまり、私宛に色々メッセージ入れたから結末を見なけりゃならんよ?ということである。

 どうやってメッセージを入れるか考えてつくってくる感じ、やっぱりマニュアルでもあるのだろうか?
 今までも何度も見たパターン。
 だいたい集ストのこととか私生活を思い出させるようなことが何度かあったあと直接的なメッセージ、あるいは仄めかしが続く。

 そして、実際に結末を追うと、私のゲームと似たような描写が立て続いた後、ラストは明確な仄めかしシーンで幕を閉じる。




③ラストシーン
立て続けにメディアストーカー的状況が続く。
しかも、ラストシーンでは明確なメッセージ付きで仄めかしアピールするなど、ノリノリである。


文明世界は崩壊と再生を繰り返していた





カノヌシ→世界中の生物の意志を奪い、無に帰す(精神浄化)
アルトリウスは世界を救うと言い、カノヌシの味方に
カノヌシ被害者

 人間は感情をもつ限り穢れる世界設定だが、人間から意思を奪ってロボットみたいにしてしまえばもう誰も穢れない、というわけ。
(私のゲームが延々と同じことを繰り返してる世界で、ミセリルートのラスボスが「何も生まれない死の世界」にしようとするのと関係か)




「何者も生まれることの無い死者の世界にして浄化する」



転送で空の上へ



行く前に調べよう!


転送陣で天界へ(私のゲーム ハリスルート)


 階段で上がった先





 天使っぽいラスボス(連戦)
 



戦闘後、
Q「何を望む?」


(画像は私のゲームの別ルートですが、展開が混ざっています)

A「白銀の炎」 

白銀の炎とは何なのか


ラスボス戦でのこれのこと?
なんで?


その後エンディング。
スタッフロール後、まだイベントがある。

わざわざ“”つきで表示された『あなた』とは誰のことなのか?
これまで願いがどうとか言ってる人いなかったし、なんか唐突な感。
ベルベット(画像)のことは名前で呼んでるし。

私のゲームラスト



願わずに終わり、エンディングルームで意味深なセリフ。
これのことなのか?と思ったところ…

ラストで手を伸ばしてグッとつかむポーズで終わる

Fin

私のツイートを参照ください


 2016年2月頃まで、「手を挙げて(掴む)ポーズ」が「流行」していた。
 主にアクエリオンロゴスとかストーカー作品でのみだったが、デュラララx2結のアニメOPでもやっていたり、「流行させたい」という意志が感じられた。
 まあ意味わからんしダサいから流行らないけど。

 実はそれは「私がやっていたジェスチャー」を「見てるよ」という、メディアを使っての仄めかしであり、テイルズオブベルセリアでもやってきたということ。






④未整理

・「獣化村」「赤い月」「ソウル吸収システム」とか、何故かフロムのブラボとかダクソのパクリも意識してる。

 前作でもフロムのダークソウル2エンディングのパクリを意識した椅子がEDにある。

 女神転生のアトラスもダンガンロンパのスパイクチュンソフトもダークソウルのフロムソフトウェアもファイナルファンタジーのスクエニもバンナムと関係が深い。
 集スト組合の馴れ合いだろうか?
 誰かへの仄めかしだろうか?
 それとも「他業者への嫌がらせ」なのか?

 余談ながら、ペルソナ3もパクっている。
 しかもダサい。

 これを3連発でやったりする。白けるし、なんか腹立つ。

 馬場はテイルズオブエクシリア2で仮面ライダーをパロっていた。
 なぜこんなにミーハーなのだろうか。
 ネタが無いからパクるしかないのか?
 いや実は、馬場はメディアストーカー請負業者であり、ストーカー対象の興味関心に合わせて工作作品を創っているのでは…?私にはそう思える。



・開門の日

10年前の、大災厄の時代の始まりが訪れた日。
「緋の夜」の日でもあり、この日を境に業魔病が世界各地に蔓延し始め、王国に甚大な被害と混乱を齎した。
そんな様相から人々は、「地獄の門が開いた日」という意味を込めて「開門の日」と呼ぶ。
なお、この日には謎の光の柱が出現している。

 私のゲームでは「光の柱で災厄の神々が優勢」になり、王国が滅び、世界が滅ぶきっかけになる。

 前作のマオテラスを想起させるが、前作ではすぐに「光の柱」ではなくなる。




・「今を生きる!」というメッセージ

 こういうのが本当に多くて困る。
 アメリカの女児向けアニメ(マイリトルポニー)でも「本ばかり読んで誰とも目を合わせず歩いたりしてないで元気だして」とか色々励ましてくる。虚淵は逆に煽ってくる。「待機ってことだね!」(ガルガンティア)

 ストーカー工作班は簡単に言えば詐欺師であり、何でも人を使ってやらせる人たち。
 どうにかして工作したのだろうが、その結果が色々な大衆向けメッセージとか作者の個人的な趣向メッセージとなって送られ、被害者としては訳が分からん様相になる。まして実際にメディアを使ってメッセージが送られたりするのだから、なおさらである。

 怯えた私が指示通りにしたりしていた結果、「命令されたことはやっちゃう」「誰の言うことでも聞いてしまう」などと仄めかされることになった。